出会い系でサクラを見分ける方法

サクラかも? と思ったら

出会い系サイトや出会い系SNSには、かなりの確率でサクラがいるものです。しかし、騙されたくはないですよね。もし、自分とメールをしている女性が実はサクラなのではないか、と思ったら、どうにかして見極めたいと思うことでしょう。しかし、「あなたはサクラですか?」なんて聞いてはいけません。サクラだったら正直にはいそうです、なんて答えるわけはありませんし、一般の女性だったら相手を不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。そして、もうちょっとでその女性とはうまくいきそうだったのに、失敗に終わるなんてこともあるのです。

相手がサクラかもしれないと疑いを持ったら、果たして地域限定のネタに相手がついてこれるか試してみましょう。出会い系は実際に会うために相手を探す場所ですから、普通は同じ地域に住んでいる人にメールを送るものです。しかし、サクラの場合はとにかく男性を騙せれば誰でも良いので、同じ地域に住んでいるふりをして近づいてくるのです。その地域にしかないチェーン店でないお店の話とか、駅についての話題などをふってみて、相手がその話題を無視したり、不自然に話をそらそうとしたら、サクラかもしれません。ほかの方法としては、フリーメールを取得し、別のふざけた名前で同じ出会い系に登録してみます。たとえば「あああ」といったいかにも適当な名前です。その名前で同じ人相手にメールを送ってみましょう。普通の女性であれば、適当な人には返事なんてしないでしょうが、もし普通に返信がきたら、サクラの可能性がかなり高いです。相手がサクラだとわかったら、すぐにメールのやり取りはやめましょう。時間とお金の無駄遣いになります。

最近の手口

最近のサクラは、一般のSNSサイトやソーシャルゲームのサイトでカモを見つけて、そのまま悪質サイトに誘導するものが増えているようです。たとえば、mixiのようなコミュニティサイトでは、自分がどこの地域に住んでいるか表示できるようになっています。そこにサクラから「最近引っ越してきて友達がいないから、仲良くしてください」とマイミクの申請がきて、「このサイトでやり取りしませんか?」と悪徳サイトに誘導するようです。また、GREEやモバゲーのようなソーシャルゲームサイトで「直メください」といったようなメッセージと共にアドレスが送られてきて、そこにメールを送ると、「このアドレスは仕事と兼用なので、できたらここのサイトでやり取りしたい」と悪徳サイトへ誘導するのです。

騙されてしまったら

サクラや出会い系に騙されてしまったら、くやしいですよね。なんとかして、お金を取り戻したいと思うものの、ほとんどの人が泣き寝入りをして終わると思います。少額であれば、勉強代だと思ってまだ我慢できますが、数万円となると、少しでも取り戻したいと思うことでしょう。そういうときは、出会い系サイトの被害などに相談に乗ってくれる法律事務所など、専門家に相談してみましょう。無料相談ができるところもたくさんありますよ。

サクラがいるサイトで、「サクラばかりだから退会しよう」と思って手続きをしようと思っても、退会ページがなかったり、手続きをした途端、「退会料金が発生しました」といった表示をされる場合があります。ここでまた慌てて、騙されてはいけません。これは無視をすれば良いです。支払いを求める迷惑メールが来るのであれば、受信拒否をしたり、メールアドレス自体を使うのをやめましょう。出会い系に登録する際は、フリーメールを使うのが基本。なにかあっても、そのアドレスを使うのをやめれば、サイトとの縁も切れたも同然だからです。